ビーチクルーザーの生い立ち

アメリカ生まれのビーチクルーザー。その歴史は古く、20世紀初頭の戦前にまで遡ります。

自転車の開発に重点が置かれる

1920年代以降自動車の大量生産時代へと移行したことに伴い、自転車は近距離移動の際や自動車が使用できない際、自動車免許を持っていないティーン向けに特化されるようになりました。


流線型のデザイン

1930年代、航空機の着想から流線型のデザイン(エアロダイナミックデザイン)が取り込まれるようになりました。当時のティーンに支持され爆発的な人気を得、この人気モデルがアメリカ国内で生産される自転車デザインの主流となっていったのです。

ビーチクルーザーの原型、日本へ上陸!

戦後の1945年にクルーザーバイシクル(ビーチクルーザーの原型)が持ち込まれ、日本各地で自動車の代用とされて運搬やリヤカーの牽引などに使用されました。そして1950年代、戦後のベビーブームに生まれたベビーブーマーたちの間で膨大な需要が生まれ、自転車隆盛の時代へと突入していったのです。

最先端の自転車

日本でビーチクルーザーは「サーファーが浜辺まで移動するための自転車」として紹介され、サーファーの集まる浜辺周辺でよく見かけられるようになりました。独特な車体デザインのため、特にファッションにこだわる若者に好まれました。

アメリカ的雰囲気を醸し出していた装いも、日本独自のファッション性と実用性、新しいデザインとともに発達し、現在ではバリエーション豊かなデザイン・カラーが定着しています。


BMXの原型を担っている

ビーチクルーザーは現在のBMX(バイシクルモトクロス)やマウンテンバイクの原型になった自転車ともいわれています。その理由は、1970年代、マウンテンバイクの創始者、ゲイリー・フィッシャーがビーチクルーザーのフロントフォークやタイヤを改造してサンフランシスコ郊外などで山遊びをする「ダウンヒル」を流行させたことにあります。

PAGETOP

ビーチクルーザーの特徴

ビーチクルーザーは、もともとビーチを走るために作られた自転車なので、通常の自転車とは異なる特徴がいくつかあります。

ブレーキ
ビーチクルーザーには、一般的な自転車同様、前・後輪の両方にキャリパーブレーキがあるタイプと、前輪にはキャリパーブレーキ、後輪にはコースターブレーキが装備されているタイプがあります。
※キャリパーブレーキ・・・ママチャリに代表される一般的な自転車に付いているブレーキのこと
※コースターブレーキ・・・ペダルを後ろに漕ぐ(逆回転する)ことでブレーキ機能が働くブレーキのこと(これには、サーファーが片手でサーフボードを抱えて海へ出かけるためという理由があります)
独特のデザイン
「ストリームライン」と呼ばれる、バイクを意識した流麗かつ頑丈な流線型のフレームに大胆な色使いなどが施されています。
安定性
大きなサドルと太いタイヤが装備されているため、悪路や濡れた路でも安定した走行が可能です。
ペダル
裸足やサンダルで乗ることが多いため、ペダルがフラットになっています。
ハンドル
アメリカンタイプのオートバイのような形状をしたワイドハンドルで、乗車姿勢が垂直に近くなり長時間走行でも疲れにくいです。

PAGETOP

とってもラクチンな自転車

ビーチクルーザーは「どこまでものんびりと行ける、ラクな自転車」というコンセプトのもと、こだわり抜かれたパーツが採用されています。

  • 大型のクルーザーサドル
  • 抵抗が少ない太いタイヤ
  • 「ぐにっ」とした感覚が特徴のグリップ

大きなサドルを採用することでどっかりと腰かけてダラダラとどこまでも漕げ、「抵抗が少ないタイヤ」で、少ない力で前に進んでくれます。また、やわらかいグリップは長時間握っていても疲れません。どれもすべて「ラクな自転車」のコンセプトにぴったりなパーツが採用されているのです。

自転車にまたがってハンドルに手を添えてもらえば、おわかりいただけるでしょう。

PAGETOP



Copyright © ビーチクルーザー~大人から子供まで、湘南ベストセラーのオシャレな自転車. All Rights Reserved.